駆け出しエンジニアに喝

こんにちは。Keitaです。
今回は最近流行っている駆け出しエンジニアという言葉についての記事です。

該当する方は不快に思うかもしれませんが、この記事を見て自分を見つめ直して欲しいと思います。

営業率の低下

2年前は10社お問い合わせフォームから営業をすると3社くらいは返事が返って来たのですが、
ここ最近営業の反応率が低下しております。私の実力不足もありますが、
あまりにも、経験のないコーダーが無理矢理営業をかけまくっているせいで、
「営業するエンジニア=悪」と言うのが制作会社の間で広まっているのでないかという点です。

できないスキルはちゃんと言う

例えば、Scssができないとか、Adobeソフトでの書き出しはできないとか、そういうコアに関わってくる部分に関しては正直に話した方がいいと思います。
無理矢理仕事を取ってきて、痛い目を見るのは自分です。
もしできないのであれば、きつい言葉ですがこの仕事はあきらめたほうがいいでしょう。

仕事の癖をSNSに書かない

鍵垢ならまだしも、公開アカウントで、仕事のことをバンバン書いているのを散見することがあります。基本機密保持契約を結んでなくても、現在進行形で進んでいる仕事(それ以外もそうですが)に対して文句は書かない方がいいでしょう。自分の心の内にしまっておくのも重要です。
誰がいつみているかわからないのですから。最悪損害賠償を受けることになりかねません。

勉強していることに自己満足にならないこと

アウトプットはもちろん大事ですが、それに溺れて「俺は頑張っているのになんで仕事が来ないんだ!」みたいな考えにならないことが重要です。企業やプロでやっておられる方はそんなに甘くありません。企業は結果重視です。

駆け出しエンジニアは悪なのか

この業界人材不足は否めないのですが、スクールやインフルエンサーのミスリードにより、それが悪になる風潮になります。

すぐ諦める

修正が多いからとすぐに諦める方もいます。
その結果、他の人に案件を引き継く事態になってしまいます。
私も昔はこう言うタイプだったので偉そうには言えないのですが、
結局そう言う噂が立っていきます。

フリーランスに憧れすぎ

フリーランスは会社員と比べ非常に泥臭い身分です。
スケジュール管理、お金のやり取りなどは全て自分でやらなければいけません。
税金も然りです。

HTMLCSSできるだけで、エンジニアと名乗ってしまっている

HTML、CSSができるだけならそれはコーダーです。エンジニアではありません。
インフルエンサーの言葉に鵜呑みして、それを元にエンジニアを名乗っているという現状です。

ならどうすればいいのか

高収入に釣られない

月うん万稼いだ!と言う声はシャットダウンするべきかと思います。
自分の生活のために仕事をやっているので、収入は大切ですが、
自分の仕事は楽しいのか?その辺を考えた方がいいと思います。

きちんとしたマナーを

レスポンスの速さは当然として、きちんと理論的な返答ができているか。
勢いで仕事をやっていないかとか、自分本位で活動することはNGです。

また、5割しかできていないのを納品物として言い張ったりとか、
修正を無視するとか、それは社会人として失格です。
修正は真摯に対応しましょう。

仕事は納品して初めて成果として残せる

案件獲得ばかり書いている人がいますが、
案件は納品前提で成立します。そもそもからして、先述の機密保持にも当てはまるので、
横の繋がりが欲しいのはわかりますが、心の中にしまっておくのが良いでしょう。

最後に

この文を読んで「老害だ!」と思った方もいるかもしれませんが、あえて、今回は厳しめの文を書かせていただきました。私もまだまだなので、日々努力してまいります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました